新入社員の最初の試練!!社員研修とは?

新入社員の場合には社会人の基礎を一から教えられる

大学などを卒業してから入社した場合に、そのまま働くのではなく必ず新入社員研修というのを行ってから働くことになりますが、この場合の研修というのはすぐに実務の研修をするわけではなく、社会人としての基礎を一から教える研修がほとんどです、社会人の基礎というのは特別難しいことではなく、言葉遣いや礼儀作法にビジネスマナーなどの研修です。新入社員の場合にはスパルタで研修をするよりは、専門の講師が淡々と教えてくれることが圧倒的に多く、不安だらけの新入社員でもしっかりとサポートしてくれることが多くなっています。
新入社員での研修をしっかりやればその後に企業に順応出来る人材が育っていくので、結果的に素晴らしい企業人に成長してくれます。

現在では外注をしている企業も多い

企業に育成係がいる場合には、その部署の人材が新人研修に当たることになりますが、小さい企業や育成係がいない企業においては、自社の人材だけで新人研修を実施することがかなり難しいので外注をしている企業がほとんどです。
新人研修の外注には研修場所と設備に講師や必要な教材などをすべて含んだ価格で外注ができるので、自社で行うよりも安くなることがほとんどです。新人研修をプロの講師に任せるメリットは意外と多く、プロの講師ならばその新人一人一人の足りない能力に早い段階で気づいてくれるので、素早く軌道修正が行えます。新人研修を外注するということは、研修を完璧に完了させられるということでもあるので、現在では多くの企業が外注の研修をしています。