社員研修でスピーチ!!何を話せばいいの!?

まずは内容を理解していることをアピール

社員研修が行われると、それについて大勢の前でスピーチを求められることがあります。ただ、社員研修は小学生の社会見学ではないので単なる感想を述べるだけでは意味がありませんし周囲の人間を失望させるかもしれません。社員研修で習った知識を、どのように今後に生かすか述べるのが普通であると言えます。
例えば、「Aという事実を知って驚きました」で終わるのではなく、「Aという事実を生かして作業効率を上げる」など具体的な話ができると周囲の人間から喜ばれます。社員研修を主催した側からすると、研修内容を理解されていないことが一番辛いです。何の時間だったのかと呆れますし、研修内容を理解していないということは成長も期待できません。

大きな夢を語るのも良い

社員研修のスピーチはもちろん自分だけでなく他の社員も発表することになります。しかし、異口同音に同じような発言が続いても主催者側は退屈になってきます。そこで、大きな夢を思い切り語るのも悪くはありません。今回得た知識を生かして重役に出世するなどの夢を語ると、他の社員や主催者を驚かすことができます。
これは何も驚かすことが目的ではなく、成長していきたいという意気込みを周囲の人間に伝える意味合いがあります。当然やる気のある人間の方が重宝されるので、一目置かれる存在になれるかもしれません。ただ、その後の努力を怠れば口だけだったと落胆されるので、社員研修が終わった後も継続的な努力が必要です。受け身ではなく積極的に社員研修を生かしていきたいです。